株式投資 基本 勝てる 投資家

株式投資は基本が大切

株式投資は基本とルールをしっかりと頭に入れ、堅実に決まり事を守ることで勝てる投資家へなっていく。

株式投資で勝つには、まず、基本をしっかりと身に着け忠実に実践すること。
もちろん、それだけは勝てませんが、まずは基本。
基本はまず、証券会社選びから。
証券会社によって、スプレッドの狭さや手数料の多寡、約定力が違ってきます。
スプレッドは狭ければ狭いほど固定費が下がりますし、手数料の多寡は
直接収益に影響します。

私が一番大切と思っているのが、「約定力」。
実践して指示を出しているのに、その指示がいつ動くのか。
指示したら瞬時に動いてくれる。

売りの指示をしたのに、時間がかかり指示した時より株価が下がれば
その分損失が増えるのです。

お金を掛けないで上記を試すのが、「デモトレード」
あらかじめその証券会社の口座を開設する必要があります。
口座開設後、デモトレードを開始する。

デモトレードで確認するのは、約定力などの確認と操作性まで。
デモでは買ったり負けたりのデータを信用しないでください。
なぜなら、人間は、現金を投資するのと、そうでないのとでは
投資での感情がまるっきり違うからです。

株価が上がっていくと、まだまだ上がると思いがちです。
また、株価が下がっていくと、もうそろそろ反転すると思いがちです。
でも、実際には、株価が上がっていくと思っていたら突然下がっていった。
また、株価が下がっているとき、もうそろそろ反転すると思ったが、
実際には、まだまだ下がっていくというは株式投資では、日常茶飯事です。

ですので、投資する前に決めなければならないのが、「ルール」。
例えば、株価が購入の時点より、10%上がったら、売る。
株価が購入の時点より、5%下がったら売る。

株式投資で一番入れてはいけないのが、「感情」
機械的に投資できる人が勝てる投資家と言えます。

感情を前に出さないようにするには、「十分な資金」。
十分な資金があると、少々負けても大したことがないと思えるので、
投資で感情移入を阻止できるのです。

感情移入しない投資は、ギャンブルではなく、列記としたビジネスとなります。

 

サイトマップ

神リッチプロジェクト